HGCはいわゆるゴスペルの曲のみならず、R&Bやソウル、ロック、歌謡曲に到るまで、ポジティブなメッセージを持つ曲をHGCなりにアレンジしてレパートリーとして歌っています。以下にご紹介するのは過去にHGCがレパートリーとした曲で定番として定着した曲の例です。可能なものについてはオリジナルバージョンのYoutubeリンク付きになっておりますのでお楽しみ下さい。当然ながらHGCではオリジナルのようにかっこ良くできるわけではないですが、自分たちの実力に合わせたアレンジで楽しくやっております。

Amazing Grace / Traditional

古典中の古典で、歌えば歌うほど奥の深さのわかる曲でもあります。それこそ無数のバージョンが存在し、HGCも自分たち独自のバージョンでやっております。リンクの方ではHarlem Gospel Choirの超絶かっこいいアカペラバージョンで。

Oh Happy Day / The St. Francis Choir Feat Ryan Toby

こちらもゴスペルクラシックスです。オリジナルはEdwin Hawkinsさんというゴスペルの大御所ですが、HGCでは映画「天使にラブソングを2(“Sister Act2″)」でのバージョンを元にやっています。この映画でゴスペルに触れて、歌い始めた人は世の中に沢山いると思いますが、HGCメンバーもご多分にもれず、でございます。

Joyful Joyful / The St. Francis Choir

こちらも 映画「天使にラブソングを2(“Sister Act2″)」から、ベートーヴェンの「歓喜の歌」をNaughty By Natuneの”O.P.P.”とJanet Jacksonの”What Have You Done For Me Lately”とでマッシュアップした、ある意味今の日本でのゴスペルのイメージを代表する曲であります。HGCでも当然ながらこのバージョンを元にやっております。

So Amazing / Clark Anderson

前述の”Amazing Grace”を下地にどん底の状況から光と希望を見出した喜びを歌った力強いゴスペルバラード。映画「ハリケーン」のサウンドトラックに収録されていて、Boyz II Menによるバージョンが有名ですが、HGCではこの曲の作詞者でもあるClark Andersonさんのバージョンを元にやっています。リンクはアメリカのNewton North High school Jubilee Singersがカバーして歌っているもので、HGCでやっている雰囲気に近いです。

Have Your Way / Joe Pace

Colorado Mass Choirの指揮者であり、自身も作曲に歌にとマルチな才能を持つJoe Paceさんのゴスペルバラード。ゆったりとしていて、そのくせしっかりボトムの効いたリズムに乗って、クワイアが一丸となってじわじわと最高潮に向けて盛り上がっていく感じがやりたくて、トライしてみています。

Brighter Day / Kirk Franklin

皆さんが聴いたことのあるかっこいいゴスペル曲にはだいたいこの人が一枚噛んでる、といっても決して言い過ぎではないほどのコンテンポラリー・ゴスペルの第一人者、Kirk Franklinさんの、もうそれはゴリゴリにかっこいいゴスペルファンクです。現在のR&BやHIPHOPとゴスペルの融合したスタイルの確立にはこの方の存在あってこそといえます。HGCではフロントに3名ないしは6名のリードシンガーを立てて、バックでクワイアが盛りたてるようなスタイルで試みています。

Ain’t No Mountain High Enough / Whoopi & The Cast

またまた映画「天使にラブソングを2 (“Sister Act2″)」から、Marvin GayeとTammi TarrellのデュエットやDiana Ross & Supremesで有名なモータウンナンバー。映画ではエンディングロールにてオールキャストで歌われています。HGCでも比較的このバージョンに忠実にやっています。

We Lift Up Your Name / Radical For Christ

ゴスペルだけでなく、今風R&Bスタイルでの楽曲も手がけるマルチプレイヤーFred Hammondさんが自身が率いたRadical For Christ名義でリリースしたアップナンバー。原曲は打ち込みのNew Jack Swingっぽい跳ねまくりのリズムですが、HGCでは生バンドでもう少し疾走感のある感じのアレンジでやっています。何より歌っている方がとにかく楽しい曲です。

Again I Say Rejoice / Israel & New Breed

R&Bやジャズ、ロックなどあらゆる音楽の要素をゴスペルに持ち込み、1997年のデビュー以降あれよあれよというまにトップに駆け上がり、ゴスペル界のグラミー賞であるステラ賞のみならず、本家のグラミー賞まで何度も受賞しているゴスペル界のスター、Israel & New Breedの、これまたテンションの上がる一曲です。テンション上がりすぎて歌い終わる頃にはクワイアもバンドもヘトヘトです。

God Is Working / Brooklyn Tabernacle Choir

グラミー賞受賞の経歴を持つBrooklyn Tabernacle Choirの元気になるゴスペルナンバー。半音ずつ転調して上がっていく感じが”Take Me Higher”な感じで歌っていて気持ちのよい曲です。この曲を聴いているとHGCでもホーンセクションは欲しいな、と思ってしまいます。

This Little Light Of Mine / The Steeles

映画「天使にラブソングを2 (“Sister Act2″)」では主役のデロリスを演じたWhoopi Goldbergが主演している映画「コリーナ、コリーナ」のエンディングで印象的に使われている古典的なゴスペルの名曲。映画のサントラでは親族ゴスペルグループThe Steelesが歌っており、HGCではそれを元にしてやっています。歌い初めの強烈なアカペラもHGCでは「ならでは」の味付けにできていると思います。

Seasons Of Love / Cast Of Rent

大ヒットしたミュージカル映画「レント」のオープニングで歌われている曲です。ゴスペルというわけではありませんが、国や人種の価値観を超えた普遍的な歌詞が映画の内容ともマッチしていてよい、ということでHGCにてレパートリーとして採用することにしました。HGCでは男声女声それぞれ1名ずつのリードを立てて演奏しています。

I Believe / Yolanda Adams

Jessica Albaが主演してた映画「ダンス・レボリューション(“Honey”)」のサントラに収められている曲で、歌うはジャンルを超えて活躍するコンテンポラリー・ゴスペル界の女王Yolanda Adamsさんです。映画がダンス物であることもあり、曲自体でも途中ダンスブレイクがあったりしますが、HGCではダンスが出来ないのでその間にラップを入れてみたりしてアレンジしています。

Thank You / True Solace

90年代に活動したゴスペルコーラスグループTrue Solaceがたった1枚だけ残したアルバム”A New Beginning”に収められている曲で、日本では”Healing Gospel: Joy”というオムニバスCDに収録されていました。原曲はミディアムスローの曲ですが、HGCではDJ Spen(Crystal Water “Gypsy Woman”などを手がけたプロデュース集団Basement Boysの元メンバー)によるハウスリミックスを採用しています。神への感謝をストレートに訴える歌詞に、ハウスというよりはガラージュやサルソウルに近いノリの良いアレンジでライブでも人気があります。

Hello Sunshine / Rev. Maceo Woods & The Christian Tabernacle Choir

シンプルかつオールドテイスト溢れるゴスペルで、シカゴ生まれの牧師Maceo Woodsさんが彼の教会のクワイアを率いて演っています。ハモンドオルガンもMaceoさんによる演奏です。歌に関しては原曲の力強い男女2名のリードがクワイアを引っ張っていくスタイルにHGCも倣っていますが、演奏に関してはシンプルな曲だということもあり、いろいろなアレンジを試みています。

September / Kirk Franklin

Earth Wind & Fireの有名なディスコクラシックスをKirk Franklinさんがゴスペルにしてしまいました。原曲では9月は愛しあう二人が出会った月ですが、Kirkさんバージョンでは9月は神が全ての涙と暗雲を取り去ってくれた月ということになります。HGCでは基本的な構成はKirkさんバージョンに倣いつつ、演奏の感じはEarthのオリジナルバージョンを目指した感じになっています。2011年のライブでは前述の”Thank You”からノンストップでつながっていくというアレンジを試みました。クワイアの人数がもっと多くなるとさらに楽しくなるなぁと期待しています。

Because Of Who You Are / Vicki Yohe

サビにヘブライ語の歌詞も出てくる壮大な世界観のゴスペルバラードで、オリジナルはMartha Munizziさんという美人さん女性CCMシンガーです。HGCではVicki Yoheさんによるカバーバージョンのアレンジを参考にやっております。リンクの方はオリジナルはMartha Munizziさんバージョンです。

Lean On Me / Kirk Franklin’s Nu Nation

またまたKirkさんの曲です。今度はR.Kelly,Mary J.Blige, U2のBonoをゲストに迎えたバラードで、様々な苦境に立つ人たちを励ますスケールのデカイ曲です。”Lean On Me”といえばBill Withersの有名な曲がありますが、歌詞の内容も両曲通じるところがあり、Kirkさんもきっと意識して作ったんだろうと思います。HGCでもKirkさん役、Mary J役、R.Kelly役、Crystal Lewis役と役割分担してやっています。

Movin’ On Up / Primal Scream

UKインディーズのCreationレーベルからデビューして以降、UKのみならず全世界のロックシーンに衝撃を与え続けているグループPrimal Screamが1991年に発表したアルバム”Screamadelica”の冒頭を飾る曲です。”Amazing Grace”の歌詞にインスパイアされたと思しき歌詞+Rolling Stonesの”Sympathy For The Devil”のアレンジ+ボーカルBobby Gillespieのヘナチョコ声という要素を絶妙のバランスで組み合わせで昇華させています。HGCではヘナチョコ声の部分は参考にせず、あえて女性ボーカルに力強く歌ってもらう形式にし、バンドアレンジもより南部色を強くしてみています。

あの鐘を鳴らすのはあなた / 和田アキ子

日本のゴッド姐ちゃん of ソウル、和田アキ子の名曲中の名曲です。阿久悠さんの歌詞は70年代当時の暗い時代背景を踏まえ、かつそこからの希望の光を見出そうというまさにジャパニーズ・スピリチュアルソングな内容です。今の時代も70年代とはまた別の意味で苦境の時期と言えるかも知れませんし、それ故にこの曲の価値もさらに増していくものと思われます。そういう意味でもHGCとして大事に歌いたいと思っています。

Shake The Foundation / Joe Pace

またまたJoe Paceさん、今度はアップチューンです。”Shake The Foundation With Praise”=「賛美で大地を揺るがせ、そして囚われた場所から自分を解き放とう」という力強いメッセージソングで、演奏も派手なキメだらけで否が応でもテンションが上がります。HGCバージョンではクワイアはなるべく原曲に忠実に元気に、バンドは原曲のシンセブラスやオケヒットがちょっともう古い感じなのでその辺を抜いてアレンジして演奏しています。

With A Little Help From My Friends / Joe Cocker

The Beatlesの名曲をイギリスのロックシンガーJoe Cockerがカバーしたバージョンです。HGCバンドのギタリストがHGCで歌ってみたら面白いのでは、と紹介してくれました。「友達の助けを少しずつ借りて、みんなと寄り添いながら、高みに登っていきたいんだよ」という曲の内容は、自身が過去アルコールやドラッグ中毒で苦しんで、後にそれを克服して復活したJoe Cocker本人にも、そして震災後の日本人全体にも重なる部分が大きく、クワイアとして縁を感じる曲です。

Don’t Let It Bring You Down / Annie Lennox

元々はアメリカの大御所フォークシンガーNeil Youngが歌った曲を80年代に活躍したイギリスのエレポップデュオEurythmicsのボーカルAnnie Lennoxがソロアルバムでカバーしたもので映画「アメリカン・ビューティー」の劇中でも使われていました。オリジナル発売当初のアメリカのどん底の社会の、そのさらに底辺での苦しみを歌った曲で、「それでもそんな状況に押しつぶされちゃいかん」とNeilさんが訴えています。HGCではこれを原曲テイストを基本に女声リードを立ててクワイアがバックアップするようなアレンジにしてみています。

People Get Ready / Melbourne Mass Gospel Choir

ソウルの大御所Curtis Mayfieldの名曲でそれこそ数々のカバーバージョンが存在します。80年代に洋楽に親しんだ方にはRod StewartがJeff Beckと組んで演奏したバーションがお馴染みかも知れません。HGCではカナダのMelbourne Mass Gospel Choirの歌っているバージョンを元に男声リードを立てて歌っています。リンクのムービーを 観て頂くとわかりますが、アレンジが結構ざっくりしていて、クワイアの人たちが慌てていてちょっと面白いのです。HGCではその辺は破綻のない程度に整理してやっています。

その他にも過去にレパートリーとして歌っていて今は眠っている曲もいくつかあります。そういった曲たちもまた機会があれば復活させて行きたいと思います。